「剣崎桃」収穫楽しみ 高崎で袋掛け

上毛新聞
2017年5月26日

夏の味覚を守ろうと、高崎市西部で栽培されている「剣崎桃」の生産農家で、モモの実を保護する袋掛け作業が行われている=写真。
同市若田町の秋本農園(秋本克彦代表)では、直径3センチほどに育った実に、特殊加工を施した紙製の袋を、手作業で丁寧にかぶせている。
作業は鳥や虫、ひょう、強い太陽光などから守るため欠かせない。秋本さんは「雨が少ないので生育は例年より1週間ほど遅れているが、夏には甘い味が期待できそう」と話す。収穫は7月上旬から始まる。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《まち里歩き》スタート地点 少林山達磨寺(高崎市鼻高町) だるまの里伝統継ぐ

約2.6km
群馬

丘陵地染める菜の花40万本 高崎・鼻高展望花の丘

約3.5km
群馬

ハナショウブ色鮮やか 安中

約4.7km
群馬

創立120年 節目彩る 高崎高のバラ園再整備

約5.6km
群馬

自慢のウメ 選別出荷 高崎

約5.9km
群馬

エルガーで堂々の幕開け 群響 新シーズン

約6.6km