シネマテークたかさき 缶詰持って集まれ! 29日から受け付け 生活困窮者に食品

上毛新聞
2017年5月2日

シネマテークたかさき(高崎市あら町)は29日から、生活に困窮している人向けに食品を寄付する米国発の「フードドライブ」と呼ばれる活動に取り組む。5月19日まで缶詰食品の寄贈を求め、劇場ロビーに回収ボックスを置く。回収した缶詰は、NPO法人三松会が運営する「フードバンク北関東」(館林市)を通じて県内で必要とする人に配る。
同館で29日から5月12日まで、英国のケン・ローチ監督の作品「わたしは、ダニエル・ブレイク」を上映することから実施する。
作品は、病気で働けなくなった木工職人が理不尽な英国の社会福祉制度に翻弄(ほんろう)されながら、生活に困窮するシングルマザーと心を通わせる姿を描いている。昨年の第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞のパルムドールに輝いた。
同館の常連客から今月中旬、この作品を上映した都内の映画館でフードドライブのプロジェクトが行われたことを聞き、「せっかくなら高崎でも」と初めて試みることにした。
缶詰は賞味期限が1カ月以上あるものを受け付ける。同作品の入場料のうち、1人につき50円が関連基金に寄付される。
同館関係者は「厳しい現実の中、人を思いやり、助け合って生きていこうとする人間の心の交流を描いた本作のメッセージに賛同してほしい」とし、多くの映画ファンの理解を求めている。
問い合わせは同館(☎027・325・1744)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →