エルガーで堂々の幕開け 群響 新シーズン

上毛新聞
2017年4月19日

群馬交響楽団の第527回定期演奏会が15日、高崎市の群馬音楽センターで開かれ、群響ファン約1200人が熱のこもった演奏に聴き入った。
新シーズンはイギリスの大作曲家、エルガー一色の珍しいプログラムで幕開け。イギリスのジョセフ・ウォルフさんの指揮で、群響初演の「エレジー」、「チェロ協奏曲」「交響曲第1番」の3曲を奏でた。
「チェロ協奏曲」はチェコのプラジャーク弦楽四重奏団のチェリスト、ミハル・カニュカさんをソリストに迎え、郷愁あふれるエルガーの世界に引き込んだ。最後は豊かな旋律の「交響曲第1番」で締めくくった。
本年度の定演は来年3月まで全10回、いずれも群馬音楽センターで行う。

【写真】ジョセフ・ウォルフさんの指揮で熱のこもった演奏を披露する群響

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

露店や和太鼓 桜の名所楽しむ 2会場でまつり 高崎

約210m
群馬

シネマテークたかさき 缶詰持って集まれ! 29日から受け付け 生活困窮者に食品

約330m
群馬

弾き語りに市民酔う 「くるり」岸田さんライブ 高崎のスタジオ「TAGO」

約490m
群馬

世界のネコ大集合 岩合さん写真展 高崎

約700m
群馬

消える2階建て 上越新幹線E4系、18年度以降 20年前、通勤客増に対応 北陸新幹線は「E2系」引退 31日最終運行

約940m
群馬

迫力満点の大相撲 アリーナに6800人 巡業でこけら落とし 高崎

約1.3km