30万本が開花サクラと競演 水仙の里 東吾妻

上毛新聞
2017年4月19日

東吾妻町岩井のスイセン畑「水仙の里」で約30万本のスイセンが見頃を迎えた。近くを流れる吾妻川沿いのソメイヨシノも満開となり、訪れた人たちが春らんまんの風景を楽しんでいる=写真。
スイセンは地元農家が球根を植えて栽培。サクラは、住民ボランティア団体「岩井桜並木を育てる会」(田中富雄会長)が約20年前に120本を植樹し、管理を続けている。
町によると、スイセン、サクラともに例年に比べ1週間ほど開花が遅い。20日ごろまで競演を楽しめそうだという

地図

地図を開く 近くのニュース