陽光に輝くアカヤシオ 世界遺産に春告げる 日光

下野新聞
2017年4月13日

 【日光】日光に春を告げる花「アカヤシオ」が、山内の世界遺産二社一寺周辺で咲き始めた。13日から始まる日光二荒山神社の例祭「弥生祭」を待ちわびたかのように、淡い紅色の花が陽光に輝いている。

 アカヤシオはツツジの一種。日光では春のシンボルとして古くから親しまれ、弥生祭で繰り出す家体を飾る花としても知られる。12日は世界遺産エリアも暖かな日差しに恵まれ、二社一寺の入り口などにある木々で次々と花が開いた。

 今後、華厳渓谷など奥日光のアカヤシオの名所でも咲き始める。

 市観光協会は「今年は桜の開花が遅れているが、アカヤシオは平年並みでは。奥日光での見頃は例年、4月下旬~5月上旬になる」としている。

地図

地図を開く 近くのニュース