吾妻渓谷両岸つなぐ 八ツ場下流に「猿橋」

上毛新聞
2017年3月28日

国の名勝に指定されている吾妻渓谷の両岸をつなぐ人道橋「猿橋」の開通式典が27日、東吾妻町三島の同橋周辺で開かれ、関係者がテープカットをしたり、橋を渡るなどして完成を祝った。
建設地は八ツ場ダム建設予定地の下流約1・2キロで、長さ43メートル、幅3メートル。江戸―大正期にかけて実在した同名の橋を参考に設計し、橋と十二沢パーキングを結ぶ遊歩道も整備した。
式典で、中沢恒喜町長は「住民や観光客の方に、新緑や紅葉など橋から見える渓谷内の自然豊かな景観を楽しんでほしい」とあいさつした。
吾妻渓谷の周辺は現在、八ツ場ダム本体工事の影響で一般車両の通行が禁じられている。同渓谷には同パーキングや道の駅あがつま峡から徒歩で向かう。

地図 →

この付近の観光ニュース →