いわむらかずおさんの「タンタン」誕生40年 絵本の丘美術館で記念展示

下野新聞
2015年9月22日

 【那珂川】絵本作家いわむらかずおさんのサルを主人公にした初期の人気作品「タンタン」の誕生40周年を記念した「タンタン展」が、小砂(こいさご)の「いわむらかずお絵本の丘美術館」で開かれている。初公開の絵本原画のほか、創作資料や翻訳絵本などを展示している。

 タンタンは1976年の「タンタンのずぼん」をスタートにシリーズ化。84年まで4作品が偕成社から出版され、いわむらさんの最初のヒット作品となった。

 ズボンやハンカチなど身近な物で遊びを楽しむタンタンはイギリスや米国、フランス、デンマーク、ドイツ、韓国などで翻訳出版された。現在でも世界中の子どもたちに愛され続けているロングセラー作品だ。

 作品展では、初公開の絵本原画とともにエッセー、創作資料・ノート、翻訳絵本など約40点を前期と後期に分けて展示し、当時のいわむらさんの息遣いを感じることができる。また同時期に描いた「りんごがひとつ」「14ひきのやまいも」「トンとポン」などの原画も展示している。

地図

地図を開く 近くのニュース