筑西の魅力PR 観光大使5人任命

茨城新聞
2017年1月15日

観光イベントを通じて筑西市の魅力を発信する「ちくせい観光大使」の任命式が14日、同市下岡崎1丁目の市立中央図書館で行われ、初代の大使に選ばれた女性5人が任命状を手に「豊かな自然と筑西の観光をPRしていきたい」と抱負を語った。

5人はいずれも同市在住で会社員、柳田憲枝さん(42)、同、竹内久美子さん(38)、シンガー・ソングライター、加納奈々さん(34)、会社員、小沼ななせさん(24)、大学生、飯塚まゆさん(22)。

観光大使は、市観光協会(鈴木勝家会長)が初めて募集。18人が応募し、昨年12月に書類選考と面接が行われた。任期は2018年3月までで、市内外でのイベントや都内の市のブースなどで活動する。

鈴木会長はあいさつで「とても爽やかな5人の魅力と合わせて、市の魅力とPRをしていただきたい」と期待を寄せた。「nanan」の名で作詞作曲の活動に取り組む加納さんは「市の物産を歌にして伝えていきたい」と、笑顔で意欲を語った。 

地図 →

この付近の観光ニュース →