洋ラン230鉢 甘い香り 高崎

上毛新聞
2017年1月13日

群馬蘭協会(若山宏会長)主催の第47回群馬洋蘭展が11日、高崎市の高崎高島屋で始まった。紫やピンク、黄など色鮮やかな花を付けた洋ランが甘い香りを漂わせ、訪れた人を楽しませている=写真。16日まで。
会員約30人が丹精した約230鉢を出品した。カトレアやシンビジウムなど人気の品種のほか、原種や高山植物のランなど珍しい品種も並ぶ。
審査も行われ、最高賞の知事賞に天田正夫さん(78)=同市下小塙町=のバンダが選ばれた。
午前10時~午後7時(土日は同7時半、最終日は同5時)。問い合わせは同店(☎027・327・1111)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →