県南舞台の映画「名前」 守谷で試写会

茨城新聞
2016年11月26日
161125moriya

茨城県南地域を舞台にした映画「名前」(茨城南青年会議所企画)が完成し、守谷市百合ケ丘のイオンタウン守谷で完成披露試写会が行われた。原案は県南在住の直木賞作家・道尾秀介さんが手掛け、取手、守谷両市などで撮影された。上映後には、主演の津田寛治さんと駒井蓮さんらによる舞台あいさつが開かれ、開場からは大きな拍手が送られていた。

映画は、東京で経営していた会社が倒産し、茨城でさまざまな他人の名前をかたって生活を送る男(津田)の前に、なぜか事情を知っている様子の少女(駒井)が現れ、やがて男は、少女が携帯電話に自分のことを「お父さん」と登録していることに気付く-というあらすじ。ミステリー色を帯びながらも、どこか心温まるヒューマンドラマが描かれている。

舞台あいさつで、津田さんは「とても大事な役をやらせていただいて、本当に良い仕事ができたので、上がりを見なくていいなと思った」とこの日初めて映画を見たと明かした。その上で、「(スタッフが)芝居と空気感を大事に切り取ってくれて、素晴らしい作品に仕上げてくれた」と話した。

また、駒井さんは、「オーディションからきょうまで、初めてのことばかりで、一つ一つの時間が重くてあっという間だった。(津田さんら)大先輩と一緒に仕事をさせていただいて、とても貴重な経験になった」と振り返った。

映画は、来秋以降に全国で順次公開される予定。国際映画祭への出品も予定しているという。

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

愛されるジョッキーに 藤田騎手、守谷市長を表敬

約1.7km
茨城

作家の制作現場公開 守谷・アーカス、27日まで

約4.3km
茨城

2年ぶり 「酉の市」 常総、熊手に復興祈念

約9.8km
茨城

取手舞台の映画試写会 監督や原作者らあいさつ

約10km
茨城

県自然博物館で企画展 外来生物の生態紹介

約11km
茨城

駅周辺彩るイルミ 龍ケ崎

約14km