うごく立体紙芝居 前橋文学館

上毛新聞
2016年11月18日

江戸時代に流行した立体紙芝居「のぞきからくり」の展示が23日まで、前橋市の前橋文学館で行われている=写真。江戸川乱歩の小説「押絵と旅する男」の題材としても扱われ、多くの来場者の目を引いている。
のぞき穴のある屋台の中に絵が描かれた板が数枚仕掛けられており、語り手である口上師が話に合わせて入れ替えていく仕組み。特別企画展「江戸川乱歩と萩原朔太郎」の関連イベントとして展示している。
19、20の両日には口上師による「八百屋お七」の物語の実演を行う。午前10時と11時、午後1時と3時の1日4回。観覧無料(企画展は300円)。問い合わせは同館(☎027・235・8011)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

《まち里歩き》スタート地点 前橋文学館(前橋市千代田町) 「詩のまち」彩る水と緑

すぐ近く
群馬

前橋文学館長就任1周年 「萩原朔美の仕事展」 「のぞき穴から世界を」 映像、雑誌、エッセー… 定点で時の流れ観測

すぐ近く
群馬

「月に吠える」刊行100年記念 朔太郎の世界体感 前橋

すぐ近く
群馬

漫画で文学身近に 清家さん原画展 朔太郎らの作品に着想 前橋

すぐ近く
群馬

岡本太郎作「太陽の鐘」前橋へ 広瀬川河畔、交流起点に

約120m
群馬

列車に涼呼ぶ音色 上電

約490m