ハロウィーンと連動、国際交流にぎわう かぬまワールドフェス

下野新聞
2016年11月2日

 【鹿沼】かぬまワールドフェスティバルが30日、睦町の鹿沼商工会議所アザレアホールで開かれ、ハロウィーンの仮装をした多くの来場者でにぎわった。

 市内に住む外国籍市民との交流を目的に、市国際交流協会が主催。子どもたちの参加を促すため、2014年からハロウィーンイベントとして行っている。

 会場は同協会会員の市内企業などによるペルー料理、ベトナム料理など世界各国の味の模擬店や体験教室などが並び、ダンスや世界のファッションショーなども開かれた。今回から特設の写真撮影ブースも設置した。外国籍市民も多く来場し、三角帽子やマントなどを身につけ、魔女やお化けなどさまざまな仮装をした来場者はハロウィーンの雰囲気を楽しんでいた。

 ハロウィーンを取り入れたことで年々参加者が増えているという。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

さくらまつり 満開の桜の下 PRパレード

約2.8km
栃木

110面箏来場者を歓迎 宇都宮「孝子桜まつり」

約5.4km
栃木

宇都宮で開花宣言 見頃は週末

約11km
栃木

ブランド力向上動画発信 県、27日に特化サイト開設

約12km
栃木

とちぎ和牛せんべい発売 県内24道の駅、共通商品化

約12km
栃木

感謝とねぎらい針供養 宇都宮二荒山神社

約12km