広がる「特異な空間」 県立美術館が9日から高木修展

下野新聞
2016年7月9日

 茂木町出身の美術家高木修(たかぎしゅう)さん(72)の初期から近年までの作品を一挙に紹介する県立美術館の企画展「高木修展 特異な空間へ」(県立美術館、下野新聞社主催)が9日、開幕する。8日にプレスプレビュー(報道関係者向け内覧会)が開かれ、関係者らが広々とした空間を感じさせる高木さんの立体作品などを鑑賞した。

 立体造形を中心に創作し、40年以上にわたり現代美術の世界で活躍する高木さんの回顧展とも言える展覧会。代表作の一つ、鉄の板で組み立てられた「特異な空間へ」(1984年)は三十数年ぶりの展示となった。

写真


栃木県立美術館|観光情報検索 | とちぎ旅ネット

地図

地図を開く 近くのニュース