《上州真田》沼田城再建へ気勢 推進団体、「造る会」に名称変更 「真田丸」追い風PRや募金に力

上毛新聞
2016年7月1日

ㅤ沼田市内の商工業者らで組織する「沼田城建設推進の会」は29日、市役所で役員会を開き、「沼田城を造る会」に名称を変更することを決めた。NHK大河ドラマ「真田丸」を追い風に、真田氏の居城だった沼田城の再建に向け、行政への働き掛けやPR活動、寄付金募集などに力を入れることを確認した。

ㅤ事業計画に①ホームページ作成②会員や寄付金の募集③グッズの製作販売④沼田公園長期整備構想への協力―などを盛り込んだ。勉強会やイベントを企画する「研修」、城再建のビジョンをつくる「建設」、「会員拡大」、「総務」の各委員会の設置も決めた。活動が停滞しないよう、必要に応じて各種委員会を立ち上げる方針だ。
ㅤ利根沼田地域の市町村長・議長、国会議員、県議が顧問となり、沼田市議全員が参与に就いた。事業主や民間団体代表らと合わせると役員は約100人に上る。新会長に選ばれた大島崇行さんは「真田丸で注目される今が千載一遇のチャンス。『沼田城を造ろう』を合言葉に一致団結したい」と意気込んだ。
ㅤ同会は2007年に沼田城を沼田公園に再建しようと発足したが、近年は“休眠状態”だった。
ㅤ城の再建には天守だけで25億円が必要とされる。建設費用として、市民から寄せられている寄付は約6700万円に上る。

地図

地図を開く 近くのニュース