炎にゆらめく幻想の狐 那須・殺生石で「御神火祭」

下野新聞
2016年5月30日

 無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事「御神火祭」が29日夜、那須町湯本の史跡殺生石で開かれた。

 九尾の狐(きつね)伝説にちなむ「狐の嫁入(よめい)り」がことしは見送られたものの、「殺生石」などの伝説を地元語り部の女性が情感豊かに披露し、雰囲気を盛り上げた。

 約150人のたいまつ行列は午後7時に那須温泉神社を出発。大勢の観光客らが見守る中、大型たいまつで御神火に点火した。

地図 →

この付近の観光ニュース →