歩いて感じる、歴史と自然 日光ツーデーウオークが開幕

下野新聞
2015年9月6日

 【日光】日光の歴史や自然に親しむことを目的としたウオーキング大会「日光ツーデーウオーク」が5日、安川町の市日光総合会館発着で行われた。

 日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社を中心とした「日光の社寺」の世界遺産登録を記念して始まり、ことしで16回目。初日は二社一寺周辺を中心に歩く20キロ、10キロ、5キロの3コースが設定された。参加者は史跡ガイドに耳を傾けたり、雄大な自然を眺めたりしながら思い思いのペースで歩いた。

 最終日の6日は、「日光杉並木」を歩く3コースが設定されている。5日と同様、午前8時から受け付け開始で出発は午前9時から。当日参加も受け付ける(大人2千円、小中学生1千円)。

地図

地図を開く 近くのニュース