園児たちニッコリ、ナシ狩り 宇都宮

下野新聞
2015年10月27日

 【宇都宮】栃木市のさくらSEI英語型保育園の年少児18人、教諭と保護者10人の計28人がこのほど、上籠谷町の大塚梨園を訪れ、ナシ狩りを楽しんだ。

 毎年この時季の恒例行事で、今年5回目を迎えた。園主の大塚博久(おおつかひろひさ)さん(73)は「皆さんの顔と同じくらいの大きなナシがなっています。先生やお母さんと一緒に取ってください」とあいさつした。

 園児たちは、ナシの大きさに驚き「すごく大きい」などと声を上げながら、大梨の品種にっこりの収穫に挑戦した。

地図

地図を開く 近くのニュース