ひときわおいしい一服を 天明鋳物で大茶会 佐野

下野新聞
2015年10月26日

 佐野市の秋恒例の行事「天明(てんみょう)鋳物のふるさと 佐野市民大茶会」が25日、同市若松町の城山公園などで開かれた。

 市の伝統工芸品である天明鋳物を身近に感じてもらおうと、市茶華道協会などでつくる実行委員会(清水一克(しみずいっこく)会長)が毎年開催。23回目となったことしは市内外から約400人が参加した。

 同公園二の丸広場で野だてが行われたほか、隣接する城山記念館の和室などに茶席3席が用意され、参加者は和菓子や茶を堪能した。茶席ごとに天明鋳物で作られた釜や花入、建水などの茶道具が使用され、多くの人が鑑賞した。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース