避難所、激励の歌声 さださん「元気一番」 泉谷さん「必ず再起」 常総

茨城新聞
2015年10月12日

シンガー・ソングライターのさだまさしさんと泉谷しげるさんが11日、鬼怒川決壊で避難所となった常総市の野外研修施設、水海道あすなろの里を訪れ、支援コンサートを行った。会場は避難者らで埋まり、歌と笑顔に包まれた。2人が「がんばれ」と連呼すると、涙をぬぐいながら一緒に歌う避難者の姿も見られた。
 冒頭、さださんが「彼が来ると元気出るでしょ」と紹介すると、泉谷さんが「うるせー、ばか野郎」と返し、会場を沸かせた。
 1曲目、さださんがテレビ番組のテーマ曲を披露。「なにより あなたが元気でよかった」の歌詞に会場は静まり返った。3曲目では「がんばれ がんばれ みんな」と2人で熱唱。観客も一緒に歌った。
 被災したファンも開催を知り、駆け付けた。さださんは「失っても、心と体が元気なら取り戻せる」、泉谷さんは「どこの被災地も再び立ち上がっている」と激励した。
 茨城新聞の取材に対し、さださんは「大変な時に常総に来て迷惑じゃないかと迷っていた」と明かし、1週間前、市側の快諾を得て泉谷さんと急きょ日程を合わせたと話した。決壊現場も訪れた。
 この夏「風に立つライオン基金」を設立したさださん。市に100万円を寄贈した。
 避難している同市水海道橋本町の塚本武夫さん(73)は「2人の歌声に励まされた」と笑顔。同市中妻町の鈴木香織さん(35)は「また来るぞと泉谷さんから直接言ってもらい、頑張らなきゃと思った」と話した。

地図

地図を開く 近くのニュース