安中出身・吉原「優勝戦進出を」 伊勢崎オートG1戦

上毛新聞
2017年6月1日

全日本オートレース選手会伊勢崎支部の吉原恭佑(32期、松井田高出身)が30日、前橋市の上毛新聞社を訪れ、「さわやか杯GⅠムーンライトチャンピオンカップ」(31日~6月4日・伊勢崎オートレース場)をPRした。
レースは、昨年に特別GⅠを制した吉原やベテランの高橋貢(22期)ら地元勢と、昨年覇者の鈴木圭一郎(32期、浜松)ら実力者96人が戦う。
旧松井田町(現安中市)生まれの吉原は「まず優勝戦進出を目指す。トップスタートを決め、自分らしい走りで地元のレースを盛り上げたい」と抱負を語った。
3日は「鉄馬縁日」を開催。射的やヨーヨー釣りなどのブースを設け、あめ細工などの体験教室も開く。4日は同レース場の8人組女性ユニット「ISESAKI AUTOグリッドガールズ キラッツ★」が初登場し、会場を盛り上げる。

 

【写真】ムーンライトチャンピオンカップをPRする吉原(右)とキラット=上毛新聞社

地図

地図を開く 近くのニュース