弾き語りに市民酔う 「くるり」岸田さんライブ 高崎のスタジオ「TAGO」

上毛新聞
2017年4月24日

高崎市営のプロ専用録音スタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI」(同市あら町)のオープン3周年を記念したプレミアムライブが22日、同スタジオで開かれた。人気バンド「くるり」の岸田繁さんが弾き語りで歌声を披露し、抽選で選ばれた約100人が音楽に酔いしれた。
ライブは民謡の「鹿児島おはら節」でスタート。くるりの「ばらの花」「琥珀色の街、上海蟹の朝」などをはじめ、同スタジオで録音したという「そばを食べれば」も披露した。制作中の未発表曲も演奏し、観客を喜ばせた。
岸田さんは「こういうスタジオがある街はうらやましい。使えばより魅力が分かると思う。皆さんも今から音楽を始めてください」と話し、笑いを誘った。
同スタジオは地元ラジオ局への出演やミニコンサート開催といった地域への貢献度に応じ、利用料が軽減される仕組み。岸田さんもスタジオを利用しており、ライブが実現した。観客は市内在住者らが対象で、約500人の応募があった。
22日は普段は入れないスタジオ内部を見学できるイベントも開かれた。
同市出身・在住の音楽プロデューサーで、スタジオ運営責任者の多胡邦夫さんは「3周年に高崎の皆さんが驚くようなプレゼントをしたいと岸田さんに依頼した。これからもいろんなアーティストとつながり、高崎を盛り上げていきたい」と話していた。
スタジオは2014年3月にオープン。利用者の口コミなどで評判が広がり、現在は3カ月先まで予約が埋まっているという。

地図

地図を開く 近くのニュース