全国切符懸け 白熱の雪合戦 長野原

上毛新聞
2017年2月6日

第17回浅間高原雪合戦(同実行委員会主催)が4日、長野原町北軽井沢の北軽井沢グラウンド特設会場で始まった。県内外から集まった46チームが勝利を目指して、雪球を投げ合った。5日まで。
競技は小学生とレディース、一般の部の3部門で行った。1チーム7人が会場の両サイドに分かれ、相手チーム全員を倒すか、相手の旗を奪うかで争う。
ヘルメットをかぶった選手たちは勢いよく雪球を投げ、相手陣営へ飛び込んで旗を奪うなど迫力あるプレーで観客を楽しませた。
雪合戦は冬の風物詩として開催。4日は予選で、5日は順位決定戦を行う。一般の上位4チームとレディースの上位2チームが3月に長野県白馬村で開かれる日本雪合戦選手権への出場権を得る。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

雪原に飛び立つ鳥 北軽井沢で炎のまつり 長野原

約1000m
群馬

浅間牧場 観光地に 売店や遊歩道延伸 冬はスノーシューで散策

約3.2km
群馬

女児の成長願い「さげもん」飾る 薬師温泉旅籠 東吾妻

約9.8km
群馬

《井伊氏と高崎安中(8)》五料の茶屋本陣 国守った「赤備え」 

約17km
群馬

《井伊氏と高崎安中(10)》碓氷関所 街道合流 守りの要

約17km
群馬

吾妻渓谷両岸つなぐ 八ツ場下流に「猿橋」

約18km