全国切符懸け 白熱の雪合戦 長野原

上毛新聞
2017年2月6日

第17回浅間高原雪合戦(同実行委員会主催)が4日、長野原町北軽井沢の北軽井沢グラウンド特設会場で始まった。県内外から集まった46チームが勝利を目指して、雪球を投げ合った。5日まで。
競技は小学生とレディース、一般の部の3部門で行った。1チーム7人が会場の両サイドに分かれ、相手チーム全員を倒すか、相手の旗を奪うかで争う。
ヘルメットをかぶった選手たちは勢いよく雪球を投げ、相手陣営へ飛び込んで旗を奪うなど迫力あるプレーで観客を楽しませた。
雪合戦は冬の風物詩として開催。4日は予選で、5日は順位決定戦を行う。一般の上位4チームとレディースの上位2チームが3月に長野県白馬村で開かれる日本雪合戦選手権への出場権を得る。

地図 →

この付近の観光ニュース →

群馬

ライラック140種初開花 北軽井沢のNPO整備 長野原

約190m
群馬

レンゲツツジ 鮮やか 鬼押出し浅間園で300株 長野原

約6.1km
群馬

地元大麦でビール 浅間高原麦酒

約7.6km
群馬

好評「飲めば新婚気分」 嬬恋村のミネラルウオーター 「妻との渇きを潤す水」

約8.7km
群馬

浅間を彩るシャクナゲ

約9.3km
群馬

「草軽電鉄」廃線跡歩く 当時の風景に思い 嬬恋

約9.5km