自然と共鳴のアート 前橋ゆかりの作家展

上毛新聞
2017年2月3日

前橋市にゆかりのある作家の作品を集めた「自然との共鳴 前橋ゆかりの作家展」が1日、同市古市町のヤマト本社1階ギャラリーホールで始まった。自然にまつわる絵画や彫刻など40点を紹介している。3月10日まで。
物故作家を含む13人による動物や植物、緑、里の風景をモチーフにした作品を展示した。市内にアトリエを持つ明田一久さんは、黒御影石のメジロの彫刻作品を出品した。今井充俊さん(田口町)のアイスピンクの花などを描いた絵画も並び、来場者の目を引いている。
同展は、アーツ前橋で開かれる「前橋の美術2017」(2月3~26日)の関連企画としてヤマトが開いた。土日祝日休館(18、19日は開館)。問い合わせは同社(☎027・290・1800)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース