《ちょこっとグルメ》歩きながらソースカツ丼 

上毛新聞
2017年1月16日

1931(昭和6)年創業の銭湯「三吉湯」のロビーで食堂「四季食彩 桐巨樹(きりのき)」を開いている。桐生名物のソースカツ丼を揚げた「ウォークいーとソースカツ」(400円)が人気だ。
ヒレカツとおにぎりぐらいの大きさのご飯をパン粉で包み、油で揚げた後、キャベツの千切りをトッピングしている。「桐生名物をイベント会場で、歩きながら食べられるようにしたい」と考案した。前橋の高級料亭などで修業した店主、大石直樹さん(46)のアイデアと技が詰まった一品だ。
衣はサクサク、ご飯はふわふわでソースが程よくしみ込んでいる。調理に15~20分かかるため、電話予約もできる。

三吉湯・四季食彩 桐巨樹 0277・44・3277(桐生市三吉町)

▽営業 11時半~13時半、16~22時
▽定休日 日曜
▽これもお薦め 銭湯入浴料込みの定食「桐巨樹お風呂セット」(1100円)

地図

地図を開く 近くのニュース