「花ぱん」でギネス挑戦 23日 みどり

上毛新聞
2016年12月22日

桐生、みどり地域で長年親しまれている郷土菓子の「花ぱん」を並べ、ギネス世界記録の新記録に挑戦するイベントが23日、みどり市笠懸町の桐生大学グリーンアリーナで開かれる。主催する同市は、市内外からの参加も呼び掛けている。
イベントは、市制施行10周年記念事業の一環。地域の銘菓を使い、市民と共に知名度のある世界記録に挑戦することで、市のPRを図る。
挑戦する記録は「最も長いケーキの列」。体育館内に並べたテーブルに、花ぱん約3万個を並べて列をつくる。現在の世界記録で2014年に英国で認定された1604・75メートルを抜き、1700メートルを目標とする。
06年の市制施行の年に生まれた市内小学生が中心となって並べる。市内外の参加者も参加できる。作業は午前9時から10時半の予定。記録の審査が終わった同11時半頃から、参加者に花ぱんが配布される。
参加無料で事前申し込み不要。問い合わせは同事業実行委員会事務局(0277・76・0962)へ。

 

【写真】市民らが並べてギネス世界記録に挑戦する「花ぱん」

地図

地図を開く 近くのニュース