秋の味覚、長蛇の列 常陸大宮の「芋煮会」

茨城新聞
2016年11月21日

関東一の大鍋で調理した芋煮を味わう常陸大宮市の「やまがた宿芋煮会」が20日、同市山方の久慈川ほとりにある清流公園で開かれ、観光客や住民らが地元食材をたっぷり使った秋の味覚を楽しんだ。

直径3・5メートル、深さ1・1メートルの鍋を使った芋煮は、1万食分を調理。地元産のサトイモ1000キロ、ゴボウ130キロ、ネギ1000本、イモガラ13キロなどに、大子町産の奥久慈しゃも肉180キロ、こんにゃく150キロを加え、しょうゆ味で2時間以上煮込んだ。

訪れた客らは早くから長い列をつくり、味の染み込んだ熱々の芋煮を手にすると、対岸の紅葉を見たりしながら頬張っていた。3度目の芋煮会で、1時間半待った高萩市の秋元一夫さん(64)は「サトイモが大きく、具が崩れていない芋煮がうまい」と話した。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

茨城

納豆製造過程を紹介 常陸大宮の工場、見学コース整備

約570m
茨城

完熟した大粒の実、ブルーベリー収穫 常陸大宮の農園

約1.6km
茨城

《旬もの》小野瀬りんご園(常陸大宮市) たわわに実る甘いモモ

約8.1km
茨城

園児らブルーベリー摘む 常陸太田、「甘い」「おいしい」歓声

約10km
茨城

流れに挑み、アユ遡上 城里・那珂川

約12km
茨城

道の駅かつら 古内茶やジェラート 地元産品で夏ギフト

約13km