絶壁を彩る紅葉 日光・川俣の瀬戸合峡

下野新聞
2016年10月20日

 日光市川俣の瀬戸合峡で紅葉が進み、赤や黄に色づいた樹木が絶壁に彩りを添えている。

 川俣ダムの下流にある瀬戸合峡は、鬼怒川両岸に高さ100メートルを超える断崖絶壁が約2キロも続く名勝。岩肌に植生する松などの常緑樹の中、ドウダンやブナ、モミジの赤や黄色が秋の日差しに映えている。

 近くで「見晴茶屋」を営む梶原(かじわら)キヌヨさん(73)によると、紅葉は昨年より約1週間遅く、19日現在で4分ほど。来週末にかけて見頃を迎えそうだという。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

メープルシロップを日光・土呂部の「冬の名産品」に 地元の主婦らが製造作業、市内で販売へ

約4.9km
栃木

狩猟文化を理解 ハンターツアー 日光・栗山地域

約8.7km
栃木

雲竜渓谷の歴史一冊に 日光市山岳連盟・玄梅さん 56年の経験伝える

約11km
栃木

スノーシュー雪原疾走 全国大会に63人参加 日光

約13km
栃木

白銀の世界に大輪 奥日光湯元で花火大会

約14km
栃木
群馬

車窓に雄大な景色 金精道路が開通日光

約14km