赤く色づくホウキグサ みなかみ

上毛新聞
2016年10月12日

みなかみ町羽場の「伊賀野の花畑」のホウキグサが赤く色づき、訪れた人を楽しませている=写真。
ホウキグサはホウキギとも呼ばれ、ほうきのような細かい茎が特徴。約20人の地域住民でつくる団体が5年ほど前に休耕地でホウキグサの畑の整備を始め、今では約7千平方メートルで4200株を栽培している。今年は杉の立木を利用して、高さ2・5メートルの見晴台を作った。
代表の小林一幸さん(67)は「雨が続いたので色づきがまばらだったが、やっと畑全体が赤く染まり始めた。見頃は今月下旬まで」と話している。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →