ペガサス4連勝 群馬マスコミ3社マッチ BCリーグ 福井に2―0今季最多3286人

上毛新聞
2016年8月1日

ㅤ野球の独立リーグ、ルートインBCリーグ公式戦、群馬ダイヤモンドペガサス―福井ミラクルエレファンツ戦が30日、上毛新聞社と群馬テレビ、エフエム群馬共催の「群馬マスコミ3社マッチ2016」として、前橋市の上毛新聞敷島球場で行われた。群馬が2―0で勝ち、引き分けを挟んで4連勝。今季最多の3286人が応援に駆け付け、間近で見るプレーに歓声を上げた。子どもたちと選手との真剣勝負など、盛りだくさんのイベントも楽しんだ。
ㅤ試合前には、共催3社長が野球ファンに向けてメッセージ。エフエム群馬の石田哲博社長は「ペガサスが勝つまで応援しましょう」と呼び掛け、上毛新聞社の北村幸雄社長は「福井の皆さん、ようこそ群馬へ。ペガサスは非常に強いチーム。(両チームとも)頑張って」と激励。群馬テレビの武井和夫社長は「選手の活躍の状況を県民に伝えたい」と力を込めた。
ㅤ始球式には、公募で選ばれた3組が臨んだ。「好きなペガサスの選手を前に緊張するけど、ストライクを取りたい」と意気込んでいた太田綿打小6年の関根圭音(けいと)君(11)と同3年の蒼天(そら)君(8)の兄弟バッテリーも堂々と投げきった。
ㅤ先発メンバーの紹介は県内中学生5人が担当した。憧れの選手と交流できるイベント「ペガサス選手に挑戦」「ふれあいキャッチボール」のほか、ご当地アイドルグループ「あかぎ団」のミニライブや、応援グッズが当たる抽選大会も行われ、球場を盛り上げた。

地図

地図を開く 近くのニュース