ドラマで榛名盛り上げ ラジオ高崎 「フルーツ忍者」収録

上毛新聞
2016年7月7日

ㅤ高崎市榛名地域のご当地キャラクター「フルーツ忍者ハルナ」のラジオドラマの収録が、高崎市のコミュニティーFM「ラジオ高崎」局内で行われている。5日にはJR高崎駅構内のスタジオで出演者による公開リハーサルが開かれた。
ㅤフルーツ忍者ハルナは、榛名地域特産のナシやウメ、プラムなどを擬人化したキャラクターで全12体ある。地元の会社員、アサッテホシダさん(43)が2009年から考案し、地元果樹農家でつくる「はるなフルーツタイムスの会」(富沢貴会長)のキャラクターとして、じわりと人気を集めている。
ㅤラジオドラマの制作は、同会として初の試み。榛名地域を盛り上げようと、昨年夏からラジオ高崎と協力して企画してきた。ナシとウメを擬人化した忍者「梨之助」と「梅蔵」を主人公とした冒険友情物語で、実在する観光名所や歴史を登場させながら、県内有数の果樹産地をPRする。 収録には、地域住民をはじめ、安中市を拠点に活動する人形劇団「やまねこ座」の団員らが参加している。
ㅤ収録は7月下旬までで、8月下旬から放送開始。全10話で、1話10分程度を予定している。

地図 →

この付近の観光ニュース →