ぐんまちゃん誕生日おめでとう ファン1000人祝う 

上毛新聞
2018年2月19日

群馬県のマスコットキャラクター、ぐんまちゃんの「お誕生日会」が17日、前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開かれた。さのまる(栃木県佐野市)やお富ちゃん(富岡市)など県内外7種類のキャラクターが駆け付け、ファン約1000人と共に誕生24周年を祝った=写真。県庁2階の県民センター内には同日、「ぐんまちゃん広場」がオープンし、大勢の家族連れが訪れた。
お誕生日会に駆け付けた各地のキャラクターは、それぞれプレゼントを持参。くまモン(熊本県)が世界一大きなかんきつ類として知られる特産の「バンペイユ」をぐんまちゃんに手渡すと、会場から大きな拍手が湧き起こった。
伊勢崎興陽高の生徒が作ったフラワーアレンジメントのケーキも披露された。
県庁内の「広場」には、ぐんまちゃんが獲得したゆるキャラグランプリのメダルや賞状、県民から寄せられたイラストを展示。ぐんまちゃんの等身大のぬいぐるみと記念撮影できるスペースがあるほか、関連グッズを販売している。
家族3人で訪れた前橋市の主婦、筑井美穂さん(37)は「かわいいしぐさが大好き。ぐんまちゃんを身近に感じられてうれしい」と話した。
広場は平日午前8時半(休日午前9時)~午後5時15分に一般公開している。

地図

地図を開く 近くのニュース