ミズバショウ湿原に遅い春 片品

上毛新聞
2017年5月2日

純白のミズバショウが片品村越本の「水芭蕉の森」で見頃を迎え、湿原に春を告げている=写真。
村観光協会によると、1・5ヘクタールに1万5千株が群生。例年より雪が多いことなどから開花が少し遅れ、天候次第では連休中も楽しめそうだという。
2~6日は、ライトアップも予定している。問い合わせは同協会(0278・58・3222)へ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース