秋の一日、花火大会とハロウィーン楽しむ 矢板

下野新聞
2016年10月19日
cnts2016101600180_image2

 【矢板】つつじの郷やいた花火大会2016が15日夜、市文化会館周辺で開かれた。秋の夜空に約1万発の花火が打ち上がり、訪れた人たちを魅了した。

 今年で10周年を迎えた花火大会の開始を、「やいた花火10周年」の文字が浮かびあがる仕掛け花火と、山形の稜線(りょうせん)から滝が落ちるようなナイアガラ花火の仕掛け花火が演出した。

 花火の打ち上げ前には、市内三つの青年団体が連携し初企画した「やいたdeハロウィン」を始め、さまざまなステージイベントが行われ、会場は多くの人たちでにぎわった。

地図 →

この付近の観光ニュース →

栃木

チョウ2500匹集め企画展 大田原・福原の市ふれあいの丘

約12km
栃木

コーヒーでまちおこし 大田原、専門店が相次ぎオープン

約13km
栃木

仕事始めに安全祈願 建設業者が太子祭

約14km
栃木

ザゼンソウ群生地、公開先立ち保全活動 大田原

約17km
栃木

年賀状にいかが?干支の「畑アート」公開 西那須野の中野さん

約17km
栃木

江戸屋敷、津軽藩とお隣さん? 大田原「那須家の雛人形」展で絵図初公開

約17km