桜色 弧を描く 前橋・敷島公園

上毛新聞
2016年3月31日

前橋市の敷島公園西側広場のシダレザクラが見頃を迎え、大勢の家族連れが満開の花を見上げ、周囲の松の緑と青空とのコントラストを楽しんでいる=写真。
京都の造園家、佐野藤右衛門さんに敷島公園観光連盟が依頼し、1994年に植樹された。連盟は今年、「京都を代表する名桜の孫木」と案内板を設置。「桜は人間の言葉が分かり、多くの人に愛されればそれだけ美しく健やかに育つ」との佐野さんの言葉も紹介している。
シダレザクラは午後6時から同9時半まで、ライトアップされる。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →