水戸梅まつり、来場アピール 梅大使が茨城県知事表敬

茨城新聞
2024年1月11日

2月10日開幕の第128回水戸の梅まつりに向け、「水戸の梅大使」6人が、茨城県庁の大井川和彦知事を表敬訪問した。来場40万人を目指して「心を込めたおもてなしをしていく」と話し、多くの来場を呼びかけた。

3月17日までの期間中、主会場の偕楽園は特に花の形や香り、色が優れた六名木をはじめ、約100品種3千本の梅が咲き誇る。「夜・梅・祭」(2月24日、3月2日)や「全国梅酒まつり」(3月1~3日)などの催しも開かれる。昨年は27万3千人が来場した。

梅大使の西山ひかるさん(26)は「6人で笑顔を届けていきたい」と意欲を見せた。大井川知事は「デスティネーションで茨城の注目度は上がっている。今年の梅まつりは盛り上がるのではないか」と期待した。

地図を開く 近くのニュース