長さ18メートル「大山」立ち上がる 山あげ祭へ若衆気合十分 那須烏山

下野新聞
2016年5月16日

 【那須烏山】7月下旬に開催される山あげ祭を前に、野外舞台の背景画となる「大山」の立ち上げが15日、金井2丁目の山あげ会館前で行われた。

 ことしの当番町は金井町。大山は背景画の中心となる。今秋にも「烏山の山あげ行事」のユネスコ無形文化遺産登録が予定されるだけに、金井町若衆団も気合十分に取り組んだ。

 若衆団約40人は早朝から青竹で組んだ長さ約18メートルの大山の骨組みに、烏山和紙で作った絵が描かれていない真っ白な背景15枚を貼り付けた。掛け声とともに大山が立ち上がると、見物人らから一斉に大きな拍手が湧いた。

地図

地図を開く 近くのニュース