息のむ技、観客拍手 ひたち国際大道芸開幕

茨城新聞
2016年5月15日

世界のストリートパフォーマーが競演する日立市の恒例イベント「ひたち国際大道芸」(同実行委員会、日立市民科学文化財団主催)が14日、同市幸町の日立シビックセンター新都市広場や周辺商店街などを会場に開幕した。国内外で活躍する大道芸人27組(うち海外6組、初出演7組)が曲芸や舞踊、音楽などジャンルを超えたエンターテインメントを披露し、観客から大きな拍手が送られた。

会場では、公式ガイドブック「クレールSAN2016」で大道芸人の出演時間や場所を確認し、目当てのパフォーマーを楽しむ親子連れなどでにぎわった。英国から初参加の男性2人組「イングリッシュ・ジェント」は、エレガントな装いのイギリス紳士の頭上にもう1人が乗るパフォーマンスを披露した。中国雑技芸術団が見せるバランス芸やアクロバットも圧巻。息をのむ技の数々に大勢の見物客がくぎ付けとなった。

15日はJR常陸多賀駅前通りや多賀市民プラザ、よかっぺ通りなどに会場を移す。同日午後4時半からは人の波で終演を締めくくるフィナーレパレードが行われる。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース