「道の駅ましこ」10月オープン 栃木県内で24カ所目

下野新聞
2016年5月11日

 【益子】国土交通省は10日、町南西部・長堤の県道西小塙真岡線沿いで整備が進められている町地域振興拠点施設を「道の駅ましこ」として登録したと発表した。2015年4月に登録された日光市の「日光街道ニコニコ本陣」に続き、県内では24カ所目。

 町などによると、道の駅ましこは敷地面積約2・17ヘクタール。物産直売や飲食施設、多目的ホールなどで構成され、150台分の駐車場を備える。益子焼体験やイチゴ狩りなど観光や農業の情報提供のほか、空き家、求人、企業支援などの情報を発信し、移住・定住を促進する役目も担う。

 現在は10月15日のグランドオープンに向けて建物の整備が進められている。

地図

地図を開く 近くのニュース