春祭りフェス 蝶野さん、大洗大使に任命

茨城新聞
2016年3月21日

大洗町を舞台にした人気アニメ「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」などと連携し、町ににぎわいを創出するイベント「大洗春祭り海楽フェスタ」(町商工会主催)が20日、大洗町港中央の大洗マリンタワー芝生広場をメーン会場に開かれた。今年はプロレスラーの蝶野正洋さんの大洗大使任命式も併せて開かれ、蝶野さんが壇上に姿を現すと会場からは「蝶野コール」が起こった。

蝶野さんは震災復興支援や救急救命の啓発活動に取り組み、ガルパンの応援大使を務める。任命式では小谷隆亮大洗町長から蝶野さんに委嘱状が手渡されたほか、同町を中心に活動するレスラー「オオアライダー」から花束が渡された。

蝶野さんは「(同町での)プロレスの開催などで花を添えることができれば」と力を込めた。

同フェスタは東日本大震災からの復興と町の活性化を目指すイベントとして2012年から実施。この日はリーダーが大洗町出身の6人組ロックバンド「BxAxG」(ビーエージー)が町のイメージソング「大洗町の唄」を披露。フィナーレには花火が打ち上げられるなどして終始盛り上がりを見せた。

地図

地図を開く 近くのニュース