甘さ上々「アンデス」初出荷 JAほこた 春メロンの主力

茨城新聞
2016年3月25日

 鉾田市のJAほこた(長峰茂通組合長)は24日、同市徳宿の営農情報センター選荷場で、春メロンの主力「アンデス」を初出荷した。色や形、甘さは上々で、地元や首都圏などの市場に出荷される。
 同日は同市、野口博さん(68)が計363箱(1箱5~6個)を地元や京浜市場に送った。昨年より10日早い22日に収穫を始めたメロンは満足のいく仕上がりという。選荷場の検査レーンで目視による規格確認が行われ、検査員は「ネットの出方も素晴らしい。玉ぞろえも良い」と太鼓判を押した。
 同JAメロン部会は今年、約80万箱の春メロン出荷を予定している。今年は「アンデス」「クインシー」「イバラキング」に加え、果肉が厚く食べ応えとマイルドな味が特徴の品種「キスミー」が登場する。出荷のピークは5月上旬~6月下旬を見込んでいる。

地図 →

この付近の観光ニュース →