春告げる つるし雛 みなかみ

上毛新聞
2016年3月9日

「第6回たくみの里つるし雛(びな)・ひなめぐり」が、みなかみ町須川のたくみの里で開かれている。体験施設「香りの家」や工房、飲食店でかわいらしいつるし雛、ひな人形計約200点が飾られている=写真。4月3日まで。
香りの家では、地元の特別養護老人ホーム「西嶺の郷」のお年寄りや愛好者らが手作りしたつるし雛など約50点が展示されている。観光客がホオズキやウサギなどさまざまな形の飾りに目を細めている。
NPO法人たくみ会、工房、飲食店でつくる実行委が主催。今回からたくみの里巡りをより楽しんでもらおうと、主会場を香りの家のほか2施設増やした。絵手紙無料体験(19、26日)、利根商業高茶道部による茶会(26日)も開く。
問い合わせは、たくみの里体験予約センター(☎0278・20・6111)へ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース