フクジュソウ春告げる黄色 みどり

上毛新聞
2016年2月24日

春の訪れを告げるフクジュソウが、みどり市大間々町上神梅の鏑木章司さん(84)方の畑で見頃を迎えている。約3万株の黄色い花が、市内外から訪れる人を楽しませている=写真。
40年以上前に章司さんの父親が植え始め、現在は5アールの畑いっぱいに花が広がる。暖冬の今年は例年より20日ほど早い1月半ばに咲き始め、花は3月上旬まで見られるという。
友人と3人で訪れた向田光子さん(71)=同市笠懸町阿左美=は「毎年見に来ているが、今年は花の開きがよく、一段ときれい」と話していた。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →