草津温泉街にかまくら輝く きょうからLED点灯

上毛新聞
2016年2月16日

小型のかまくら30基を色鮮やかにライトアップするイルミネーションイベント「かまくらいと」が13日夜から、草津町の湯路広場で始まる。12日に試験点灯が行われ、温泉客が幻想的な光の世界を楽しんだ=写真。3月6日まで。
かまくらは、高さ60センチ、直径120センチ。半分にカットされ、内部に発光ダイオード(LED)ライトが設置されている。赤、黄、青などさまざまな色に変化し、時間帯で点灯パターンが変わる。
冬場の誘客対策として、町が地方創生先行型交付金を活用して初めて企画した。花絵「インフィオラータ」などの創作で活躍するアーティストの藤川靖彦さん(54)=東京都=が総合プロデュースを担当。「オーロラや星空をイメージした」と話している。
点灯は日没~午後10時。問い合わせは町観光課(☎0279・88・7188)へ。

地図 →

この付近の観光ニュース →