長~いそばいなり挑戦 過去最長71・8メートル 笠間でまつり

茨城新聞
2016年2月8日

 どれだけ長い「そばいなり寿司(ずし)」を作れるか挑戦する「初午(はつうま)いなり寿司まつり」が7日、笠間市笠間の笠間稲荷神社参道で開かれ、約240人の参加者が協力して手作りし、過去最長の71・8メートルを記録した。

 このイベントは、いなり寿司で笠間の活性化を図る「笠間のいなり寿司いな吉会」が2007年から毎年開催している。

 今回は具材として油揚げ千枚、キュウリ150本、そば200人前などを用意。参加者はテーブルに敷いた巻きすの上に具材を置き、合図で呼吸を合わせて巻いた。その後、全員で一斉に持ち上げることに成功し、14年の記録を1・6メートル上回る71・8メートル達成。試食も行われた。

 市立笠間小3年、石井里桜りおさんは「巻くのが難しかったけれど、きれいにできてうれしかった。味もとてもおいしい」と笑顔で話した。

動画

地図 →

この付近の観光ニュース →