残雪彩るフクジュソウ 高崎市染料植物園

上毛新聞
2016年1月28日

フクジュソウが、高崎市寺尾町の市染料植物園で雪の間から顔を出している。暖冬の影響で例年より1週間から2週間早く咲いていたが、18日の雪で埋まっていた。
咲いているのは屋内生態園から南東に向かった斜面で、徐々に解けた雪の間から黄色い花をのぞかせている=写真。園内にある計1000株は日当たりによって咲き、天候次第で2月上旬まで楽しめそうだという。
甘田正弘園長(57)は「暖かい午前中がおすすめ。散策を楽しんでほしい」と話している。月曜休園。問い合わせは同園(☎027・328・6808)へ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース