古民家に繭玉飾り 沼田市重文南郷の曲屋

上毛新聞
2016年1月19日

沼田市利根町の市指定重要文化財「南郷の曲屋(まがりや)」に、養蚕の豊作や無病息災を願う小正月の繭玉飾りが登場し、古民家に彩りを添えている=写真。
地域住民でつくる曲屋管理組合(鈴木章雄組合長)が、高さ5メートルほどのミズキの枝に、白や赤、黄色など5色の繭玉を付けた。
同組合は曲屋で養蚕に取り組んでおり、毎年繭玉飾りを作っている。展示は今月末までの予定だが、繭玉の状態によって期間を早めることもある。
午前10時から午後4時まで。木曜休館。入館料は大人100円、中学生50円、小学生以下無料。問い合わせは同所(☎0278・54・8611)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース