威勢よく、初競り 宇都宮・中央卸売市場

下野新聞
2016年1月6日

 宇都宮市簗瀬町の同市中央卸売市場で5日早朝、マグロなどの初競りがあり、競り人たちの威勢のよい掛け声が場内に響き渡った。

 午前5時半、水産物卸売会社「宮市」の小林保彦(こばやしやすひこ)社長(50)が「ことしも1年よろしくお願いします」と年頭のあいさつをした後、三本締めをして競りが始まった。

 冷凍メバチマグロの入荷は例年並みの約60本。競り人がマグロの番号を読み上げると、仲買人らは指のサインで希望価格を示し、次々に競り落としていった。マグロの最高価格は約45万円(150キロ)だった。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース