温泉100選 草津 13年連続1位 施設改善でダントツ 

上毛新聞
2015年12月24日

旅行会社など旅のプロが選ぶ全国の温泉地ランキング「第29回にっぽんの温泉100選」が発表され、本県の草津温泉(草津町)が13年連続で1位に輝き、連続1位の最高記録を更新した。泉質の良さに加え、温泉地づくりやインバウンド対策などの取り組みが高く評価された。
「100選」は観光業界専門紙の観光経済新聞社(東京都台東区)が主催。投票は7~10月に実施し、JTBや日本旅行、じゃらんなどが参加した。総投票数は2万4635票だった。
2~6位は由布院(大分県)、下呂(岐阜県)、別府八湯(大分県)、有馬(兵庫県)、登別(北海道)の順で、前年と変わらなかった。
草津について、同新聞社は「『熱乃湯(ねつのゆ)』『西(さい)の河原(かわら)露天風呂』といった観光施設の改装を進め、精力的に温泉地づくりに取り組んでいる点が評価された。得票数は公表していないが、ダントツの1位だった」と話している。
草津温泉観光協会の中沢敬会長は「13年連続1位は行政や観光関係団体が一体で取り組んだ成果。この結果に甘んじることなく、さらに魅力ある温泉地にしたい」と喜びを語った。
草津以外の県内温泉地は、渋川・伊香保が14位(前回19位)、嬬恋・万座が29位(同28位)、中之条・四万が42位(同38位)、みなかみ・水上が80位(同66位)だった。

地図

地図を開く 近くのニュース