《上州真田》「真田めし」いかが 沼田「とんかつ街道揚げ上げ隊」 大河ちなみ12店メニュー 

上毛新聞
2015年12月22日

来年のNHK大河ドラマ「真田丸」放送を機に真田氏にちなんだメニューで盛り上げようと、沼田市内の国道120号沿いのとんかつ店などでつくる「上州沼田とんかつ街道揚げ上げ隊」(金子靖隊長)の隊員店が「真田めし」と銘打ったメニューを考案し、同市内で16日にお披露目した。初回放送日の1月10日からドラマ終了まで、各店で提供する。
沼田はドラマの主人公、真田信繁(幸村)の父の昌幸が沼田城に入城、兄の信之が真田氏初代城主となり5層の天守を築くなど縁が深い。「真田めし」を打ち出すのは12店で、真田氏の家紋の六文銭を丸いとんかつや器で表現したり、地元産の食材を使って真田の里をアピールしている。
金子隊長は「ドラマ放送中に第2、3弾を企画し、全国のファンに何度も沼田へ足を運んでもらえようにしたい」と話している。
同市は白沢地区で養豚業が盛んで、関越道沼田インターチェンジから東側の国道120号沿いに、とんかつを提供する飲食店が集中している。観光誘客を目指し2014年1月に発足した「揚げ上げ隊」がさまざまなキャンペーンを実施している。
同隊は「真田めし」を掲載した街道マップも作った。問い合わせは事務局の市東部商工会(☎0278・53・2978)へ。

地図

地図を開く 近くのニュース