輝く“下仁田ネギ” 道の駅でLED点灯式

上毛新聞
2015年12月10日

下仁田町の冬を彩る風物詩「下仁田ネギミネーション」(町商工会青年部主催)の点灯式が5日、同町馬山の道の駅「しもにた」で行われ、発光ダイオード(LED)5万個でかたどられた“下仁田ネギ”と、ドーナツ形の建物を覆う光のドームが登場した=写真。
金井康行町長と中山政承青年部長がボタンを押すと、緑と白を基調とした電飾が一斉に輝きだした。来場者が配られたクラッカーを鳴らし、子どもたちは歓声を上げて駆け回った。
青年部マスコット「ねぎ坊」が会場を沸かせ、下仁田ネギが当たる抽選会も行った。
点灯は1月末まで毎日午後5~10時。問い合わせは町商工会(☎0274・82・3206)へ。

写真


地図

地図を開く 近くのニュース